一般事務の仕事をしていたけど、自分にはもっと向いている仕事があるのではないかと思って職場を退社しました。そして自分に合う仕事を探しをしたんです。何も考えず仕事をやめたのですが、それは夫の協力があったからです。夫は私のやりたいこと探しに協力してくれて、優しく20代でも転職を進めてくれました。おかげで今私は自分のやりたいことを見つけています。それがアパレルショップの店員なのです。私は今やりたい仕事をしていることで幸せです。お客さんとお話しながら服をコーディネートするのが楽しくて仕事に生きがいを感じています。

 

転職活動は年齢もあり、普通には20代転職できないことは分かっていました。若者だって就職が難しかったりするので、20代で転職なんてそう簡単にはできないと思っていました。でも私には仕事を介して知り合った知人がいまして、その知人に声をかけてもらってこちらのアパレルショップで働くようになったのです。転職活動としては知人のところで働くので、簡単な面接だけで済みました。知り合いだったので非常に楽な転職活動ができてスムーズに20代転職が叶いました。

 

20代転職で重視したのは「本当に自分がやりたいことを見つけること」でした。今までは自分のためではなく、人のためにお仕事をしてきたのです。でも20代からは自分のために働きたいと思いました。お金の余裕もあったので、できたことです。20代転職の秘訣は知人をあてにすることですね。「狡い」と思うかもしれませんが、20代ともなると普通の転職活動では本当に転職が難しいのです。20代転職のために使える知り合いがいるならあてにした方が賢いと思います。