実家の広告代理店の経理や、事務の仕事をしていました。主に会社全体の売り上げの計算や給料の計算、電話応対や来客対応、エクセルやワードを使った雑務処理などをしていました。父が社長だったので頼まれごとがあったらほとんど私がやっていました。経理、事務の仕事からWebデザイナーに20代で転職をすることに成功しました。全くの未経験でしたが、スクールに通って勉強をして、パソコンの技術も身につけて、転職活動を行っていました。

 

転職活動は20代転職エージェントを利用していました。また派遣会社にも登録をしており、派遣やアルバイトの求人も見たりしていました。

 

年齢的にも厳しいかと思ったので仕事や昔からの友人のツテもどんどん活用していました。Web系の制作会社で人手が不足しているところがあればどんどん受けていったという感じです。転職エージェントからは一向にいい求人の情報はありませんでしたが、友人や知人のツテの方がいい求人がありました。

 

やはり20代で未経験ということが一番のマイナスポイントになりました。20代転職エージェントでも求人はないとくらいまで言われましたし、最初は友人や知人からもいい連絡はありませんでした。しかし私が転職を成功できたのは諦めなかったということ、それだけです。私の転職活動は約一年間にも及びました。しかしその間必死に勉強を続けて、副業でその技術を実践したりして経験を身につけました。そしてそれが評価され転職することができたのです。諦めなければ20代転職成功への道は開けます。